都営三田線「芝公園」駅A1出口から徒歩3分三田駅、田町駅、大門駅、浜松町駅から徒歩9分圏内

芝公園かみやまクリニック

open

診療内容一般不妊治療

女性不妊治療

当クリニックでは、ご夫婦のご希望に沿って、妊娠という結果を最短で得るための方法をご提案し、治療を進めます。まずは、お二人のお気持ちや悩み、不安に感じることなど、何でもお気軽にご相談ください。

治療内容

※金額の記載がないものは保険診療(自己負担3割)となります。

タイミング法

経膣超音波検査の結果、尿中LHと頚管粘液量の測定結果などから排卵時期を予想し、最も妊娠しやすい時期をお知らせします。

排卵誘発剤

卵巣機能不全による月経不順、排卵障害、黄体機能不全などが不妊症の原因となっている場合は、排卵誘発剤を使用します。排卵誘発剤には、主に内服薬と注射薬があります。

内服薬
(クロミッド)

間脳下垂体を介して間接的に排卵を誘発します。比較的安価で、患者様の身体への負担が少ないのが特徴です。通常、月経3~5日目から5日間内服します。排卵率が高く、副作用はほとんどありません。しかし、内服により、頚管粘液が減少し、子宮内膜が薄くなり、妊娠の妨げとなる場合があります。

注射薬
(ゴナドトロピン療法)

低用量漸増療法(ゴナールエフ)を行います。排卵率、妊娠率ともに高く、有用です。まれに、卵巣過剰刺激症候群、多胎妊娠などの副作用が起こることがあります。
ゴナールエフは、ご自身で、ご自宅で打っていただくことができる自己注射です。通院のための時間や身体への負担を減らすことができるため、特にお忙しい患者様におすすめしております。費用や詳細は自己注射のページをご確認ください。

自己注射について
人工授精(AIH)

人工授精は、事前に採取・選別した精子を子宮内に注入する方法です。その後の受精や着床は、自然妊娠と同様です。
卵子と精子は、卵管膨大部で受精します。膣内に射精された精子にとって、卵管膨大部までの移動は長い道のりです。人工授精では、精子数が少ないあるいは運動率が悪い場合でも、運動率の高い精子を高濃度で調整し、なるべく受精する部位に近い場所に精液を注入します。これにより途中の通過障害をなくし、より多くの精子を卵管膨大部に到達させることができます。

人工授精が必要な方
  • 精子の数が少ない
  • 精子の運動率が悪い
  • 頸管粘液が少ない
  • 性交後試験(フーナーテスト)の結果が悪い
  • 性交障害、性機能障害
  • 円錐切除術後(初期子宮頸がんの術後)
  • 原因不明不妊症
人工授精の流れ
  • 1前周期
    検査

    感染予防のため、ご夫婦とも下記の検査を行います。

    自費診療(税別)
    B型肝炎、C型肝炎、梅毒、HIV抗体検査お一人あたり各9,450円
    必要により女性抗精子抗体6,000円または8,000円※2種類あり医師が判断いたします。
  • 2数回受診
    排卵タイミングを予測

    排卵日の数日前から複数回受診していただき、超音波検査、頚管粘液検査、血中ホルモン測定、尿中LHの測定などで排卵のタイミングを予測します。その結果に従って、人工授精を行う日を1~2日前に決めます。排卵日を一定化したり、排卵数を増やして受精の確率を増加させるために、排卵誘発剤を併用する場合もあります。

  • 3当日
    精液採取

    禁欲期間を3~7日間設け、なるべくクリニックで精液を採取してください。ご自宅で採取される場合は、事前に容器とラベルをお渡しします。採取から1時間以内にご持参ください。

  • 4当日
    精子の選別

    精液は、培養液中で洗浄濃縮して、受精に有害な成分を取り除きます。それと同時に、濃縮し運動率の高い精子を選別して、最終的に約0.7~0.8mlに調整します。

  • 5当日
    人工授精

    人工授精用のチューブを用いて、選別した精子を子宮内に注入します。感染予防のための抗生剤を処方しますので、1日内服してください。

    自費診療(税別)

    人工授精 20,000~23,000円程度

  • 副作用

    柔らかいチューブを使用し、丁寧にゆっくり挿入するので、多くの方は痛みをほとんど感じません。

    感染予防のために抗生剤を処方しますが、ごくまれに子宮内膜炎や骨盤腹膜炎が起きることがあります。

  • 人工授精の妊娠率(1周期当たり)

    自然周期および内服の排卵誘発剤を併用した場合 7~8%程度

    注射の排卵誘発剤(ゴナールエフ)を併用した場合 10%程度

  • ステップアップについて

    人工授精で妊娠する方の90%は、4~5回の実施で妊娠されます。それ以上行っても妊娠に至らない場合は、治療のステップアップをご提案します。

人工授精と体外受精は何が違う?

人工授精と体外受精はまったく異なる治療法です。

人工授精一般不妊治療

子宮内に、事前に採取・選別した精子を注入することで妊娠しやすくします。

体外受精高度生殖医療

卵子と精子を採取し、体外で受精させます。受精卵を培養し、発育した胚を体内に戻します。

体外受精
サプリメント

当クリニックでは、不妊治療に効果のあるサプリメントもご案内しています。

※費用は自費診療(税別)となります。

LC L-カルニチン

60カプセル 3,000円

カルニチンは、エネルギーを産生して、生殖細胞・機能に影響する抗酸化力をアップさせます。また、カルニチンの摂取量は、胚の受精・発生・グレードに影響します。当クリニックでは、異常受精や胚質不良を回避するため、サプリメントによって良好な胚の獲得をお手伝いします。

VD ビタミンD

60カプセル 1,500円

生殖機能におけるビタミンDの働きは、免疫調整作用により胚の着床を助ける、多嚢胞性卵巣症候群や体外受精の成績が良くなる、妊娠中の合併症、児の出生体重に大きく影響するといわれています。現代の女性はビタミンD不足といわれています。当クリニックでは、血中の25ヒドロキシビタミンD濃度を測定し、不足分をサプリメントで補充するなどして妊孕性を高めるお手伝いをします。

SO support Ⅲ

60カプセル 8,000円

男性の妊孕性を高めるアプローチとして最も効果的なのは「精子力」を向上させることです。精子力を決める一つに、酸化ストレスによる障害の除去が挙げられます。当クリニックでは、抗酸化作用のあるコエンザイムQ10+ビタミンC+ビタミンE配合のサプリメントで、精子力をサポートします。

Dr.アグリマックス+葉酸

60錠 6,200円

現代の女性は冷え性に悩むことが多く、その原因の一つに血流の滞りがあります。特に腰回りの血流の滞りは子宮の血流不足をもたらし、子宮内膜が厚くならない原因にもなります。Dr.アグリマックスは麴菌発酵大豆イソフラボンが主成分のサプリメント。女性ホルモンに似た働きをする「エクオール」を効率的に増やすうえ、子宮の血流量をアップさせ、着床因子を増加させます。着床サポートに加えて厚生労働省が推奨する1日の必要葉酸摂取量が添加されています。

診療時間

受付時間
午前10:00

13:00
午後16:00

19:00
  • 院長のみの診察
  • 院長と女性医師の診察(金曜午後の院長の診察は17:30までです)
    (医師の診察予定は変更があります。予約時にご確認ください。)
  • 不妊カウンセリング
  • 月に2回妊娠準備学級(15:00~16:00)を開催しています。開催日は新着情報でお知らせします。
休診 : 日曜(祝日は不定期)
受付時間
初診の方
午前10:00~12:30、午後16:00~17:30(水曜17:00まで)
木曜午後・土曜午前のみ
男性で精液検査をご希望の方は16:30までです。必ず事前にお電話でご予約ください。
再診の方
午前10:00~13:00、午後16:00~18:00(金曜18:30まで)
木曜午後・土曜午前のみ
注射のみの方は19:00までです。
当クリニックは予約制です
お電話またはクリニック受付でご予約ください。
TEL
03-6414-5641
電話受付時間
平日10:00~13:30、14:30~19:00
土曜10:00~13:30、14:30~17:00

アクセス

〒105-0014
東京都港区芝2-9-10 ダイユウビル1F
TEL.03-6414-5641
FAX.03-6414-5642

交通案内
都営三田線「芝公園」駅 A1出口(三田会館を左に曲って150m左側)
徒歩3分
都営三田線「三田」駅 A9出口
徒歩7分
JR山手線「田町」駅 西口
徒歩9分
都営大江戸線・都営浅草線「大門」駅 A3出口
徒歩9分
JR山手線・東京モノレール「浜松町」駅 南口(S5、金杉橋方面)
徒歩9分

各種機関指定

  • 東京都特定不妊治療費助成事業指定医療機関
  • 港区特定不妊治療費助成事業指定医療機関
  • 東京都不妊検査等助成事業実施医療機関
  • 東京都不育症検査助成事業実施医療機関
  • 港区子宮頸がん検診指定医療機関
  • 港区風しん対策事業実施医療機関
  • 港区エイズ・性感染症検査(AIチェック)実施医療機関